toyokorochou.jpg

豊頃

の​

こと

豊頃町は、北海道十勝総合振興局管内の中川郡にある町です。十勝川の河口に位置し、十勝地方の開拓が十勝川を河口から遡上する形で進んだ歴史から“ 十勝地方発祥の地 ”とされ、大津地区と呼ばれる河口住居地の中央近くに碑があります。

町名の由来は、アイヌ語の「トエコロ」(大きなフキが生えていたところ)から。


十勝川左岸の河川敷にたつハルニレの木が、町のシンボルとなっています。

▮  十勝発祥の地・トヨコロ

 

1798年(寛政10年)頃から大津地区に番屋・駅逓が設置され、十勝地方開拓・アイヌとの交易の拠点になりました。

1896年(明治29年)二宮尊徳の孫、二宮尊親が、北海道開拓を決意し渡道しました。

以来、尊親自ら陣頭に立って寝食を忘れて開拓の指導に当たり、依田勉三、関寛斎らが尊親を訪れたこともありました。

二宮尊親の開拓の軌跡を辿る旅なら

●二宮報徳館へGO 〉

▮  観光スポット・トヨコロ

 

豊頃町には、他にもいろいろな魅力があります。海と山、そして広大な大地もある自然豊かなまち豊頃町。ロケ地にもなる素敵な風景をお楽しみください。

またハルニレの木、オオバナノエンレン草、サンゴ草、エゾカンゾウやハマナスなどの木々や花々。丹頂鶴、キタキツネ、エゾシカ、エゾリス、アザラシ等々、北海道の自然動物に会えるかもしれません♪

豊頃町観光の楽しみはバラエティに富んでいます。

●トヨコロを楽しむへGO 〉

▮  食材の豊かなトコロ・トヨコロ

 

豊頃は農業と漁業がさかんな町です。

広大な農村風景のパノラマが広がる十勝・豊頃町ですが、少し車を走らせれば、新絶景"ジュエリーアイス"で知られる豊かな海、大津海岸・大津漁港に着きます。

大地の恵みと海の幸♪ 

美味しいものを食べた後は、お土産に豊頃町産の食材を♪

●トヨコロで食べるへGO〉

​●ふるさとチョイス 〉

© 2018  豊頃町観光協会 公式ウェブサイト

〒089-5312 北海道中川郡豊頃町茂岩本町110番地1 ココロコテラス

​Tel:015-578-7202 Fax:015-578-7203

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
azarashi3.png
harunire300pxb.jpg
町のシンボル はるにれの木
豊月2.jpg
お菓子の豊月
tripadviser-icon.jpg
とり良.jpg
焼き鳥 とり良
furusatochoice.png